ダイエットしたい方は有酸素運動以上に筋トレがおススメ。その理由も解説。

スポンサーリンク
筋トレ
スポンサーリンク

ことダイエットに関しては、太っている人ほど楽して痩せられるということは決してあり得ません


ダイエットの代表としては有酸素運動が挙げられますよね。ランニング、サイクリング、水泳…などです。

しかし、普段筋トレをしている私でも有酸素運動はしんどいものです。特に外に出る手間、数キロ走るため時間も大きく使います。しかし私が推奨しているキャリステニクスは、自宅で痩せられるというメリットがあります。時間も、たくさん使えばいいというものではありません。

筋トレは逆に無酸素運動と呼ばれています。

そして、なにより有酸素運動より筋トレの方が痩せる効率が良いということです。

今回は、その理由を何点か押さえて解説をしていきます。

スポンサーリンク

筋トレの方がオススメの理由

まずはざっくりと有酸素運動のメカニズムを。

有酸素運動、例えば代償的なランニングですが、運動全般に言えますが糖質などをエネルギー源として消費します。

しかし糖質だけでは運動エネルギーを賄うことはできません。そこで脂肪燃焼させてエネルギー源とするわけです。

脂質の燃焼には酸素が必要です。これが、有酸素運動と呼ばれている理由でもあります。

しかし筋トレは上の要素も含んでいますが、特に決定的なのが新陳代謝を活性化させて痩せるということ。

代謝が早く回る方が、体内のエネルギーを回すのも早くなるからです。極論、寝ているときでも痩せています。しかも筋肉もついて一石二鳥。

前回の記事で超回復について解説しましたが、この間も再生に必要なエネルギーを消費しているので痩せられるのです。

オススメのトレーニングメニュー

ズバリ、スクワットが最もオススメです。

スクワットによって鍛えられる下半身は筋肉の大部分を占めます。非常に大きな筋肉なので修復に大きなエネルギーが伴うほか、一日中体重を支えているというとても重要な筋肉です。

スクワットについての詳しい記事もあわせてどうぞ。

また、脚が細い方が痩せて見えやすいという副次的な効果も。

お尻も引き締まっていくので、履けないズボンが楽にはけるようになっていきます。

私は逆に腰が細すぎてズボンがずれ過ぎて困っています…(汗)


スクワットは他のトレーニングメニューと違って汗が出てくることからも違いが判ると思います。

後は、バランスの良い食事を心がければ確実に痩せるはずです。

スクワットを中心に、筋トレを普段の生活に取り入れていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました