プリズナートレーニングはダイエットにとても有効な理由。

スポンサーリンク
筋トレ
スポンサーリンク

ダイエットをしている方は、是非プリズナートレーニングをおすすめしたいです。

プリズナートレーニングとは何ぞや…と思います。

プリズナーの名の通り、囚人達が襲われないように護身として監獄内で生み出されたトレーニングから来ています。

海外では元となる書籍Convict Conditioning

ここから和訳されたものがプリズナートレーニングです。

しかし、そのルーツはキャリステニクスという古代の筋トレから来ています。

話が複雑化していきましたね。

要するに機能的な筋肉を目指すのがプリズナートレーニングだと覚えてください。

トレーニングメニューも6種類しかなく、その他のメニューは必要ないとまで著者は言い切っています。

前置きが長くなりましたが、プリズナートレーニングはダイエットへ是非有効活用していただきたいです。

必要な筋肉も身について一石二鳥です。

スポンサーリンク

ダイエットに有効な理由1:体全体をトレーニングできる。

プリズナートレーニングは、ビッグ6と呼ばれる6つのメニューから構成されています。

しかし、中には難しいものもあるので全てをやるのは困難です。

まずは、プッシュアップ(腕立て伏せ)とスクワット。可能であればプルアップ(懸垂)もやりましょう。

懸垂は公園でぶらさがれるものを探しましょう。無ければ家で懸垂マシン、バーを購入するのも手です。

筋トレは器具を買っても結局使わないことが多いのですが、懸垂マシンは本当に買ってよかったと思うものの1つ。

ビッグ6に関しては、こちらの記事を参考にしてください。

この様にプリズナートレーニングは体全体をトレーニングするものです。

ダイエットに有効な理由2:難易度が細かく分けられている

プリズナートレーニングはSTEP毎に難易度が細かく分けられています。

そのため最初のSTEPは非常に負荷が低いものからやっていきます。

主に立ってやるものが多いので負荷が弱く、リハビリや肥満体型の方、運動不足の方も始めやすいのが特徴。

上のリンクはSTEP1に該当するものですが、立って行うので負荷が少ないです。

効果といえばカロリー消費は少ないものの、段を追って行えるので誰でもできる。

また今後のSTEPに向けての必要な強化(関節強化など)が含まれています。

ダイエットに有効な理由3:継続がやりやすいシステム

ダイエットに有効な理由2にも含まれてますが、継続しやすいような目標が設定されているのも、プリズナートレーニングの利点。

各STEPに分かれている他、初心者、中級者、上級者の目安が設定されていて目標がある。

例えば、レッグレイズのSTEP1「ニー・タック」なら回数(レップ数)の目安は以下。

  • 初心者の標準:10レップスを1セット
  • 中級者の標準:25レップスを2セット
  • 上級者の標準:40レップスを3セット

ビッグ6と呼ばれる明確でシンプルなトレーニング種類、各STEP毎に難易度が別れているため、ゲーム感覚で攻略していける。

更に各STEP毎に目標となるレップ数が提示されるため取り組みやすいですね。

自分で我流の筋トレをした場合

  • どういうフォームでやればいいのか
  • どれくらいのレップ数をこなせばいいのか
  • そもそもどんなトレーニングメニューをやればいいのか

これらが明確でないため成長する感覚が得にくく、しかも我流でフォームを組むためトレーニング効率が悪く、最悪変な方向に筋肉が発達するということになりかねません。

自重宅トレは基本一人が利点でもあり欠点でもあります。

コーチ付きのジムのような詳しい解説や手とり足取りと教えてはくれません。

そのような中、明白な目標を提示してくれて、しっかりとしたシステムが構築されているプリズナートレーニングは始めやすいです。

まとめ

プリズナートレーニングがダイエットに有効な理由は以下の通り。

  • トレーニング目標が明確で分かりやすい
  • 最初は低負荷からスタートするので、運動をしてない方でも始められる
  • 体全体をトレーニングできるので、カロリー消費効率が良い

いきなり高負荷から始めないプリズナートレーニングは、誰でもできるトレーニング方法です。

現在、私が書いている記事の中に逆立ち腕立てを除くトレーニングをSTEP1から書いています。

次のstepへ進む目安は「上級者の標準」をクリアできてからが目安。

食事に気をつけつつ、プリズナートレーニングを使って体の脂肪燃焼に努めましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました