筋トレしても痩せない方へ。痩せるための解決法

スポンサーリンク
筋トレ
スポンサーリンク

筋トレは、有酸素運動よりも有効なやせ方と言われています。

私は、筋トレで体が痩せ体重は増えるといった、健康的で理想的な体を手にすることができました。

逆に体重が高すぎる人は減っていきます。つまり筋トレは体を適正な状態に戻してくれるのです。

筋トレ自体が体重の減少へとつながるということはありませんので、今回は筋トレしても痩せない原因を解説します。

スポンサーリンク

筋トレで痩せない原因

食事

筋トレしても痩せない一番の原因は食事にあります。


筋トレ分のカロリーを消費しても、それ以上のカロリーを摂取してしまうと結局太ってしまいます。

筋トレをすると新陳代謝が高まるためお腹がすきやすくなるので、反動でたくさん食べてしまう方は注意が必要です。

私は間食を避け、食べない期間を長くとることでお腹の脂肪が落ちていきました。

炭水化物や糖質は痩せるためには不要だと思う方はいますが、逆にこれらは運動するにあたって必要なエネルギーですので、ほとんどとらないのは体調不良等体が弱ってしまいます。

大切なのは栄養バランスのある食事をとることです。夕食は早めに取り、夜は何も食べないようにしましょう。

筋トレの負荷が少ない

トレーニング中はしんどいものです。結局、頻度が落ちてしまったりレップ数(回数)が少なくなってしまったりでは意味がありません。

正しいフォームで、レップ数記録更新に向けて努力しましょう。また、正しいフォームで行うことで筋トレの効果を最大限に発揮できます。


筋トレ頻度が少ないのも問題です。辛いから負荷を減らしたいという名目で週一回程度ですと痩せる物も痩せません。

頻度をどのくらいやればいいかはこちらの記事をどうぞ


一か所しかトレーニングしていない

一種類のトレーニングしかしていない、あるいは一か所しか鍛えていない方は注意が必要です。

確かにスクワットは新陳代謝が他のトレーニングよりも最も活性化し、最も痩せるトレーニングともいわれていますが、それだけでは目に見えて痩せることはできません。

私はスクワット、プッシュアップ(腕立て伏せ)レッグレイズ、ブリッジ、プルアップ(懸垂)をやっています。

全体の筋肉をバランスよく鍛えています。

新陳代謝を理解しよう

新陳代謝は生命活動において消費されるエネルギーです。

筋トレの”痩せる”とは筋力をつけて肥大化させ、その筋肉を動かすため。また筋肉を傷つけることによって回復の際消費されるエネルギーによって痩せます。

つまり筋トレは新陳代謝を上げることによって痩せることが目的です。

大きな筋肉はその分大きなエネルギーを消費するので代謝もその分大きいのです。

まとめ

筋トレをしても痩せないのは追い込みが少し足りないのではないかと思います。

腕立て数レップでは筋トレに入るでしょうか。

私は筋トレは最強のダイエット法だと思います。ダイエットのみならず細すぎず健康的な体へと戻してくれるのです。

確かに筋トレは楽ではありません。ダイエットに近道はなくて必ず苦痛を伴います。

でも有酸素運動や断食よりは断然楽です。そういう意味においても筋トレは最強です。

食事は栄養バランスが良いメニューで、運動分よりもカロリーをとりすぎないように心がけましょう。

ダイエットは食事が最も大事な要素です。

もし食事でビタミンが不足していると感じた場合、プロテイン、サプリメントを摂取しましょう。それでも痩せるという目的ではこれらは必ずしも必要ではないでしょう。

Nature's Plus, 有機エンドウ豆プロテインパウダー、500g
Muscletech, エッセンシャルシリーズ、プラチナマルチビタミン、タブレット90粒

食事をベースとし、その後で必要十分な筋トレをすれば必ず痩せることができます。

私の場合は逆に痩せすぎていたためウェイトアップし正しい体つきに戻りました。痩せようとしている方へ逆のことを言っていますが、体を変えるという点では一緒のはずです。そして体を変えるのは一筋縄ではいかないのです。

食事、筋トレを習慣化することが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました